連鎖の基本を学ぶ

ぷよぷよを始めたばかりの方は連鎖を作るのがとても難しく感じるでしょう

そこでまず今回は、

『ぷよぷよの連鎖の仕組みについて』

解説していきます

土台をGTRに絞った初心者講座を作りました

GTRから始めるぷよぷよ講座 土台をGTRに絞った初心者講座を開講します フォローするのは、 『未経験者~相手に邪魔さ...
スポンサーリンク

ぷよぷよを消す

ぷよを消すには、ぷよを縦横合計で4つ以上つなげることが必要になる

簡単な例を示すと、


こんな形でも消え、

こんな形でも消える

連鎖を作る

ぷよの消し方がわかったところで、さっそく連鎖の作り方について見ていく

連鎖は基本的に2つの形に分類され、それが階段と挟み込み

どんなに大きな連鎖であっても基本的にはこの2つの形から大部分が成り立っているといえる

階段

初心者の方にでも、ぱっと見で連鎖になることがわかるであろう形

土台としても初心者向けの土台として広く知られている

階段の例①

シミュレータのようにぷよを配置すると、緑ぷよが消え、上に乗っていた黄ぷよが落ちてきて黄ぷよが消える、これが最もスタンダードな階段連鎖

階段の例②

また②の例でも階段連鎖として成り立つ

このように段差を利用して連鎖をつなげる形を階段と呼ぶ

挟み込み

基本的に連鎖は挟み込みで成り立っているといっても過言ではなく、初心者がぜひ覚えるべき形・考え方といえる

挟み込みの例①

シミュレータのようにぷよを配置すると、青ぷよの間挟まっていた黄ぷよが消えて青が消える

挟み込みの例②

②も挟み込みかなと思う

線引きがわからないが、挟まれた青ぷよが消え黄ぷよが消える

挟み込みは多種多様でほとんどのものが挟み込みと表現でき、自分の中でバリエーションを増やすことで連鎖のバリエーションが増えるだろう



まとめ

ぷよぷよの基本的な消し方について解説しました

今回解説した連鎖の作り方を組み合わせていくことで大連鎖を狙うことも十分にできます

とりあえずは2、3連鎖を自由に作れるようにできるとよいでしょう

次は今回紹介した連鎖の作り方を組み合わせて連鎖を伸ばす方法について解説していきたいと思います

連鎖の作り方を前回解説しましたが、3連鎖4連鎖と連鎖を伸ばすのは初心者の方には難しいかもしれません そこで今回は、 『階...
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告