折り返し

このページは折り返しのコツや種類などついての解説をする

対象は自分が使う土台が決まり、その土台を組むことができるようになっている方

組みたい土台が決まっていない方は、土台の決定を

組むことができない方は、繰り返し土台を組む練習を

いくつかの定形土台についてのページを設けているので参照のこと

定形土台

問題ない方は、折り返しについてみていこう

スポンサーリンク

折り返しとは

まず折り返しとはなにか

折り返しは、これ以上横に連鎖を伸ばせないというときに方向を折り返すこと、部分のことを指す

折り返し例

上記例でいうと左端の緑を折り返しと呼ぶ

折り返しのコツ

ぷよぷよを始めて最初にぶつかる壁が折り返しかと思う

折り返しを難しくさせている原因は折り返す部分に溝があることだと思う

1列目に溝が・・・

上記シミュのように最終連鎖から組んでいくと折り返し部分の溝が絶望的になることがある

この状態からの折り返し作成は初心者には難しい

なので、折り返しのコツとしては先に折り返し部分を作ってしまうことだろう

先に折り返し部分を作る

または、そもそも土台が折り返しになっているようなGTRなどの形を使ってみるのもオススメ

GTR

新GTR

折り返しのバリエーション重要性

折り返しのバリエーションを増やすことは連鎖を組むうえで重要

連鎖の頭を伸ばすだけでなく、折り返し部分で何連鎖か作る選択肢があればぷよを置ける場所が増えるため、ゴミぷよが減ったり、隙なく連鎖を組むことができるようになる

さらに少し先の話をすれば折り返し部分が副砲としても使える点も挙げられる

多重折り返し

折り返しには多重折り返しというテクニックがある

通常の折り返しがマスターできたら挑戦してみるとよい

通常、連鎖は

左から右へ壁にぶつかったら1段下がり、右から左へ壁にぶつかったら、・・・・

という繰り返しで構築される

多重折りは壁にぶつかる部分で縦方向の連鎖を複数組み込むことで、その部分で連鎖数を稼ぐ

言葉ではわかりずらいと思うのでシミュレータでみてみよう

下記のように折り返したらそのまま横に伸ばしていくのが通常の折り返し

通常の折り返し例

一方、折り返しの上部で連鎖を重ねて、折り返し部分で連鎖数を稼ぐ形を多重折り返しという

多重折り返し例①

多重折り返し例②

当然、形のバリエーションが増えるため左右の移動の連鎖より連鎖の把握がむずかしくはなる

キーぷよの乗せ忘れだったり、暴発だったりを引き起こす

ただ、マスターすることで、ぷよを置ける場所が増えてより良いツモ捌きにつながる

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告