連鎖尾

このページでは連鎖尾について解説する

連鎖尾を作ることは始めたばかりの人からすると、とても難しい連鎖だと思う

しかし連鎖尾を組めるようになると連鎖の自由度が上がり、効率的にぷよを置くことができるようになる

このページでは、連鎖尾はどうやって組めばよいのか、どんな形があるかなどを簡単に解説していく

以下解説

スポンサーリンク

連鎖尾とは

まず連鎖尾というのが何なのかわからないよという人向け

連鎖尾というのは土台以降に消える連鎖のことを指す

連鎖尾例

上記例でいうと右端の赤までが階段土台そのあとに消える黄色のことを連鎖尾という

連鎖尾の重要性

連鎖尾は連鎖を組むうえで重要だ

  1. 連鎖の頭を伸ばすだけでなく連鎖尾という選択肢があればぷよを置ける場所が増えるため、ゴミぷよが減り、隙なく連鎖を組むことができる
  2. すでにゴミぷよとなってしまったものを連鎖の最後に回収できる

この2点が大きいと思います。

いろいろな連鎖尾

潜り込み

潜り込み連鎖尾例①

上記例でいうと、右のほうにある黄色が潜り込み連鎖尾

5列目の緑の上に赤の下に黄色を潜り込ませ、4つつなげないように周りに黄色を3つおいてやることで連鎖が1つ追加される

連鎖尾部分の消え方

潜り込み連鎖尾例②

連鎖尾部分の消え方

考え方

こんな感じの土台構築中に赤黄を2列目に置くことで、簡単に1連鎖増やすルートが見える

雪崩

雪崩連鎖尾例①

上記例でいうと、緑が雪崩連鎖尾

青が消えることで緑の下の凹凸がなくなり緑が消える形

雪崩連鎖尾

青ぷよの位置が変わっても雪崩を作ることができる

雪崩連鎖尾例②

雪崩連鎖尾を伸ばしていくと下から順に消えていく

雪崩連鎖尾例①伸ばし例

雪崩連鎖尾例②伸ばし例

鶴亀

鶴亀連鎖尾例

上記例でいうと、緑が鶴亀連鎖尾

鶴亀連鎖というのは1連鎖前のぷよに隣接していないぷよが段差によって消える連鎖のこと

隣接するぷよが消えないので慣れないうちはそもそも発想が浮かばなく、また難しい

鶴亀連鎖例

連鎖尾をマスターするために考えてみる 連鎖尾で連鎖数を稼ぐことは効率よく大連鎖を打てるようになることにつながる また相手...

トップページへ

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告